パロアルトネットワークス、2020年を通じて仮想イベントモデルへ移行

This post is also available in: English (英語)

パロアルトネットワークスでは、ほかの組織の皆様同様に、新型コロナウィルス (COVID-19) 感染症拡大とその影響に適応し、お客様、パートナーの皆さま、弊社従業員の健康と福祉の確保につとめています。

この取り組みには対面イベントへの対応も含まれており、5月から6月、数週間かけて、エグゼクティブ ブリーフィング プログラムをオンラインに移行したり、200件以上のイベントをリモートで開催するなど、完全に仮想モデルへの移行を果たしました。

皆さまとともに完全に仮想でのセッションに飛び込み、そこでのエンゲージメントやフィードバックを得られたことはたいへん素晴らしい経験となりました。 

健康と安全を最優先事項とし、弊社では2020年の残りの期間も、開催するすべてのイベントを仮想化することに決定いたしました。これには以下の内容も含まれます。

  • 2020年8月24日から27日に開催の従業員を中心とするセールスキックオフ
  • 2020年10月13日から15日に開催のフェデラル イグナイト プログラム 
  • 2020年11月9日から12日に開催のIgniteカンファレンス 
  • 2020年11月16日から18日に開催のローカルEMEA Igniteカンファレンス 

たとえ皆さまと直接お会いせず、仮想でつながることになっても変わらないものがあります。たとえば、フェデラル Ignite プログラムでは、これまでと変わらず政府・サイバーセキュリティ・産業界の主要専門家の皆さまにご結集いただきますし、11月のIgnite会議では、お客様とパートナーの皆さまに、高度なサイバーセキュリティ体験をご提供することとなります。

これらのイベントをオンラインで行うことで、より多くのお客様やパートナー様を巻き込んで、新たなチャンスも生まれてきます。最近のクラウドネイティブセキュリティ仮想サミット、軍・政府・学術界・産業界のサイバーセキュリティリーダーを集めて毎年開催しているJoint Service Academy Cybersecurity Summit(JSAC)に、何千人もの皆さまがご参加くださったことを、私たちは非常に喜ばしく思います。

お客様ならびにパートナーの皆さまとのつながりを保ちつつ、今後のウェビナーや仮想フォーラムでさらにすばらしい議論をしあえることを、弊社一同非常に楽しみにしております。弊社開催のイベントについては、ぜひイベントページから最新情報をご確認ください。またご質問がございましたら、igniteconf@paloaltonetworks.comまでお寄せください。