Zingbox IoT GuardianがCyber Catalyst by Marsh唯一のIoTサイバー保険製品に認定

237 people reacted 0 1 min. read

This post is also available in: English (英語)

今日ではモノのインターネット(IOT)デバイスがほぼすべての組織に存在しています。しかもそれらの多くはネットワークに接続されているのにもかかわらず、可視化も管理もされていません。

こうしたコネクテッドなエコシステムは、組織のビジネス上の価値を高めてくれる一方で、その価値を狙う攻撃面も増大させる可能性があります。攻撃面が広がれば、ネットワークにまたがる情報資産が標的となる可能性が出てきます。そこで、リスク緩和のために組織全体のセキュリティ戦略にサイバー保険企業との協業を組み入れる企業が増えています。

今年の初め、保険仲介とリスク管理のグローバルリーダーであるMarshは、Cyber​​ Catalyst by Marsh というプログラムを開始しました。その目的は、同社が「最良のセキュリティ ソリューション」と認定した少数の製品リストを大手保険会社に提供することで、認定製品を使用する保険顧客には、より有利な保険契約条件を提示できるようにすることです。

弊社Zingbox IoT Guardianが同プログラムで初のCyber​​ Catalyst製品に認定をいただいたことを、私たちは非常に喜ばしく思っています。同プログラムの参加保険会社は、Microsoftをテクニカル アドバイザーとし、データ、ネットワーク、エンドポイント、アプリケーション、IoTセキュリティなどの幅広いカテゴリに及ぶ150以上のサイバーセキュリティ ソリューションを独自にレビューし、17製品を同プログラムの認定製品に含めました。

認定は、サイバーリスク削減、主要なパフォーマンス メトリクス、実行の容易性、効率、柔軟性、差別化という6つの基準に基づいて行われています。このなかでZingbox IoT GuardianはIoTセキュリティソリューションとしては唯一認定をいただきました。

いまや管理外のIoTデバイスは組織ネットワーク上のエンドポイントの50%を占めていると言われています。こうした管理外の資産は死角を生み、ひいてはサイバーセキュリティ リスク露呈、不要なコスト、コンプライアンス不安を大きくふくらませます。くわえて、IoTデバイスは稼働期間が長く、パッチやアップグレードが行われにくい傾向があることから、組織が対応すべきセキュリティ上の課題は増えるばかりです。しかも、従来型のITセキュリティソリューションでIoTデバイスを保護することはむずかしいため、IoTデバイスを接続したネットワークは、さまざまなサイバー脅威に対して脆弱になりがちです。

このような状況であっても、Zingbox IoT Guardian であれば、機械学習、人工知能、脅威知能を活用してネットワーク上のIoTデバイスを検出・保護・管理できるようになります。製品の主なコンポーネントは次の3つです。

  • IoT Guardian Discovery: ネットワーク上のすべてのIoTデバイスを識別・分類し、重要資産の正確かつリアルタイムの可視性・保護を提供します。エージェントレスのパッシブなネットワーク監視なので、繊細なIoTデバイスにも動作上の影響を与えません。
  • IoT Guardian Security: 平時のデバイス動作をベースライン化した上で、異常の検出、アラート生成を行います。組織全体でリアルタイムのリスク評価を実行し、全体的なリスクを軽減、事業継続性を確保します。
  • IoT Guardian Vigilネットワークのあらゆる側面を監視し、様々な場所で発生するセキュリティ イベントを追跡するセキュリティオペレーションセンター(SOC)ダッシュボードを提供することにより、自社IT/IoTネットワークにガラス張りの透明性を求めるセキュリティ担当者の要望を満たします。

これら3つのコンポーネントの働きにより、Zingbox IoT Guardianはデバイスのオンボーディングからプロビジョニング、セキュリティ、管理、安全なデバイスの削除にいたるまでのIoTライフサイクルを自動化します。

2019年度のCyber​​ Catalyst by March プログラムで認定をいただけたことで、IoTセキュリティにおけるZingbox IoT Guardianの主導的立場はさらに盤石なものになったといえます。Zingbox IoT Guardianをご利用のお客様は、Cyber​​ Catalystプログラム参加保険会社との間で、個別交渉されるサイバー保険ポリシー条件に関し、より有利な内容となるよう取り計らってもらえる場合があるでしょう。 同プログラムの参加保険会社はここ十年ほどの間に極めて壊滅的でコストもかかるサイバーセキュリティ事案をいくつも対応していますから、実効性の高いソリューションで顧客にリスクを軽減してもらうことに高い関心を寄せているのです。

ZingboxがなぜMarshによる認定製品に選ばれたのか、その理由はぜひこちらのCyber Catalyst 認定製品一覧で確認してください。

Got something to say?