CYBERFORCEプロファイル シリーズ: ベストプラクティス評価(BPA)を使用して技術的な会話を転換

Carrie Krinock


 

This post is also available in: English (英語) 简体中文 (簡体中国語) 繁體中文 (繁体中国語) 한국어 (韓国語)

CYBERFORCE は、NextWaveパートナー コミュニティにおける極めて優秀な人材を認定するものです。対象となるのは、顧客第一で、信頼できるセキュリティの専門知識を持ち、サイバー攻撃の防御に携わる、実績あるパートナー エンジニアです。

CYBERFORCEが注目するChrisとの面談 029

テキサス州に拠点を置くCritical Start社のChris Yatesは、サイバーセキュリティ業界で25年の経験を持つベテランです。教員の修士号を持つChrisは、学校と自身のキャリアを通じて学んだすべてを駆使して、担当の顧客を始めとする関係者をサポートしています。「悩みをお聞かせください、と切り出して、新しいお客様と会話を始めるのが楽しみです。単なる会話ではなくお客様の悩みに耳を傾けるようにしています」

 

取引ツール

パロアルトネットワークスのベストプラクティス評価(BPA)を使用することは、Chrisにとって、技術的な会話をビジネス レベルの会話に変える最も効果的な手段となっています。BPAでは、顧客による各機能の使用状況を把握し、ポリシーがベスト プラクティスに従っているかどうかを検証することで、顧客のプラットフォーム構成を評価します。そして、ベスト プラクティスに適っていなかった点を改善するための推奨される方法について説明します。

石油・エネルギー業界の顧客との最近のミーティングでは、BPAおよびヒート マップにより、新しいSecurity Operating Platformの機能を使用することで実現できる重要な改善についての可視化された指標が示されました。CEOにテクノロジや各機能についてただ説明するのではなく、可視化された指標に基づいたハイレベルな会話を通じ、企業のサイバーセキュリティに対する投資について詳細に把握することで、結果として取締役会で迅速に承認を得られるようになります。

Chrisは次のように述べています。「BPAを使用するまでは、特にネットワーク セキュリティ ツールについて、経営陣に指標を示すことは困難でした。現在は進捗状況を定量化して示したデータを提供し、お客様がそのデータを書類上で確認することができます。これはCIOにとって画期的なことです。そうしたデータを取締役会と共有することで、計画における次の段階で必要な予算を迅速に確保できます」

 

貴重な体験を評価

CYBERFORCEの認定エンジニアであるChrisは、顧客とのミーティングや会話で役立つリソースとツールにアクセスできます。Chrisは語ります。「CYBERFORCEにより、私たちが標準的な認定/認証セールス エンジニアを超える存在であり、別の次元での取り組みを進めていることが認められたことになり、大きな信用を得られるのです。お客様は、私たちを信頼してくれています。パートナー コミュニティも信頼してくれています。そして、パロアルトネットワークスも私たちを信頼し、サポートしてくれます」

SEおよびTech Summitsを始めとするパロアルトネットワークスのイベントでは、CYBERFORCEのメンバーは、他のメンバーとのつながりを持てる特別な招待者限定の機会が与えられるため、Chrisはそうしたイベントを重視しています。「私たちは、この選り抜きのエンジニアのコミュニティに属する同じチームの一員であり、お互いを仲間として信頼しています。お互いに助け合うことができ、ベスト プラクティスに関する情報を交換したり、非常に効果的であるとわかったツールを共有したりすることもできます。それらはすべて有意義なことです」

Chrisは、いくつかの素晴らしいステータス、認定、スキルを有しています。以下の彼に関するビデオをご覧ください。

Got something to say?

Get updates: Unit 42

Sign up to receive the latest news, cyber threat intelligence and research from Unit42

By submitting this form, you agree to our Terms of Use and acknowledge our Privacy Statement.